言語の量子性

2017/08/0/1

言語には量子性があるのではないか.つまり,離散的な記号としてのデジタルな性質と,連続的な意味領域を持つアナログな性質の二面性を持つということである.整数と実数ともいえる.

「非言語情報が連続的な意味領域として考えられる.」とメモにあるのだが,この部分は自分で書いていてなんのことか分からなくなってしまった.

 

言葉はこの世界を切り取り,分け,整理するが,その意味領域は極めて曖昧である.